未分類

商取引で特商法が設定された背景

投稿日:

電子商取引はリスクが高い

最近ではインターネットを使って商取引をする傾向がありますが、不正行為をしやすくてリスクが高く利用者が定着しにくいなどの問題がありました。
また、通信販売や訪問販売は詐欺のリスクが高く、事前に販売元を確かめないとお金をだまし取られるリスクもあります。電子商取引は対面販売ではなくお互いの顔が見れないため、インターネット上の情報を元に取引をする仕組みです。

しかし、インターネット上の情報は誤りがあるケースもあり、不完全な内容だと信用できるかどうか判断しにくくなります。電子商取引はわざわざ店に行かずに済むため便利ですが、実際には不正行為をされやすいなど問題が多いです。このため、消費者トラブルになることも多く、このようなリスクをなくすために消費者庁はガイドラインを設けています。

安心して商取引をするためのガイドライン

特商法は特定商取引法の略語で、販売元には「特定商取引法に基づく表記」をすることが義務付けられています。電子商取引は対面販売ではなく信用できるかどうか確かめ、トラブルが起きないようにすることが重要です。
特定商取引法に基づく表記は販売元の名前(屋号)、所在地、連絡先を明記し、消費者トラブルが起きないようにする必要があります。

また、商品にトラブルがあれば返品や交換をする必要があり、流れや方法、条件をきちんと明記することが大事です。特商法は販売元と利用者がお互いに不正をしないように定めているため、お互いにルールを守って取引をすると安心できます。
消費者庁は消費者トラブルの状況に応じてルールを変更する傾向があり、最新の内容を確かめて利用することが重要です。

少子高齢化によりだまされやすい高齢者が増えた

最近では少子高齢化の影響で高齢者の一人暮らしが多く、詐欺の仕組みが分からないことを利用して悪質な行為を繰り返すことが問題になっています。

このため、安心して利用できるようガイドラインを設け、販売元の情報を明記し消費者トラブルを防ぐようにしていることが特徴です。

近年では少子高齢化だけでなく電子商取引が中心になり、通販サイトや訪問販売などの利用者が増えています。
しかし、誇大広告を出して利用者に注目されるようにして詐欺を行う行為が発生しやすく、特定商取引法に基づく表記をしてできないようにしていることが特徴です。

このため、消費者庁ではきちんと確認してから利用するよう呼びかけ、トラブルが起きないようにしています。

-未分類

Copyright© 及川優のたっぷリッチ副業は怪しい内容?副業詐欺などの口コミは? , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.